「日本語のロゴメイキング」に掲載されました

グラフィック社「日本語のロゴメイキング」に うちで制作のロゴが2つ掲載されました。

「ふりそで すずのや」は、なんだかおめでたい1頁目。 きもの鈴乃屋さんのふりそで専門店のロゴです。 ふりそでということは、20歳前の女の子がターゲット。 和の良い文化を現代とシンクロさせてみせていけたら、 という思いでつくっていった過程が載っています。 ひらがなのロゴができる過程などかなりこまかく、 最初のプレゼンで出したロゴ案まで掲載されているので、 ちょっと脳の中を見られたようなこそばゆい感じ。

もうひとつは、ほぼ日「み年の新茶」のロゴ。 これはロゴ自体がパッケージデザインのようなものです。 糸井さんのつけたネーミングがステキなので、 なんとかいかせるように。ステキに見えるように。 苦心した記憶。 家紋のようなマークの中に茶葉が舞っている 日本茶を意識したデザインですが、 一見清楚なデザインですが、家紋の枠をよく見ると、、 へびだった!みたいな、 実は、ダジャレのようなロゴなんです。

他にもいろんな日本語のロゴメイキングが 載っていておもしろい本です。 日本語のロゴって難しいですもんね。 でも、そんなむずかしい日本語が素敵に見えたら、 日本も素敵ですよね。

わたしももっと勉強、勉強です。

© POWDER ROOM