BS-TBS「向田邦子に恋をして」に出演させていただきました。

11/13土曜のBS-TBS の向田邦子さんの特番に、

向田ファンのひとりとして少しだけ出演させていただきました。


気づけばもう没後40年。

向田さんが表参道の事務所兼住居に引っ越したのが、前の東京オリンピックの年だと知ってびっくりします。

今でも、最近まで生きていたような錯覚があります。

文章を読んでも、古くさくないというか、現代と自分とシンクロしまくるからなんでしょうか。

わからないけど、それくらい普遍的な感情を書いている人なんだと思います。


向田邦子を知ったのは、20代後半くらい。小説「思い出トランプ」。

直木賞をとった「かわうそ」「花の名前」「犬小屋」などの短編がはいっている小説です。読んだ瞬間、心が“ざわざわ”しました。わけもわからず20代の私は、原稿用紙を買いに走り、短編を写してみたりしていました。もうデザイナーとしてやっていたので、小説家になりたかったわけではなく、、、

何かわからないこの心の“ざわざわ”の正体を知りたくって、書いてみたらわかるかもしれない。と思ったのではないかと思います。(もちろん文才もない私には、書いたくらいではわかりませんでしたが)


もちろんそれから脚本もほぼ観ました。「寺内勘太郎一家」「阿修羅のごとく」「隣の女」「あ、うん。」などなど、、、出ている小説もほぼ書いました。恋文や料理の特集まで。

そして向田さんがいた表参道で絶対働きたく、今もその場所で働いています。。。笑。

今でもあのマンションに住みたいです。もう取り壊されるようですが。


このお話をいただいて読み直してみたのですが、やっぱり、今でも“ざわざわ”します。

見透かされているような気分になるというか。

誰にも言わないような、小さい小さい自分の中だけにある感情が書いてある気がして、ざわざわ。

それが全部を説明しなくてもわからせる豊かな文章力で、もう絶句してしまいます。

シーンとしてはいろんな設定がありますが、そこに書いてあるのは、、情なんでしょうか。愛情。感情。情愛のような、、、本能的な欲望のような、、なんだかそんなものに感じます。

そしてやっぱり、向田邦子が好きだ。と思い直したりしました。


そして、憧れの黒柳徹子さんや太田光さんと同じ番組に出られたことも、本望。本望。

よい2021年になりました。


https://www.bs-tbs.co.jp/entertainment/mukodakuniko/