新しいコンセプトの手帳『a note』誕生

販売サイトでは少し明記したのですが、今年からスケジュール帳の制作は一旦終了になります。

長年使用していただき、本当に本当にありがとうございました。感謝しております。

その変わり、全ての手帳をまとめて新しく『a note』というノートブックを作成することにしました。


そもそも自分が欲しいと思うスケジュール手帳が無かったところから、スタートしました。

コンパクトで片手で持て余計なページがないもの。そして時間の管理だけではなく、ガントチャートでしっかり進行が管理できる手帳をめざしました。でも見た目はシャープで凜としているもの。

そんな私の理想の手帳ができあがりました。

ですが、自分自身が徐々に徐々にスケジュールはスマホにシフトし、

ついにこのリモートで、オンラインのスケジュールが普通になりました。

その変わり、会社と自宅を行き来するため、持ち歩きやすく、仕事のメモがバラバラどこにつけたかわからなくなるのをまとめて1冊にできたらよいな、というニーズにシフトしていきました。

家時間も多くなり、自分のことを見つめ直す時間とか、日記とかそういうものに目がいくようになったということもあります。

そうなると今の真っ白な手帳より、自宅でしっかり書き込めて保存できるようなノートが良いのではないか、、ということで、

新しいコンセプト手帳『a note』の誕生です。

といってもカバーは今までで自分が良いと思ったデザインを継承し、中身だけ変えました。

通常の横罫のページのヘッダには、日付やタイトルを書ける部分をつくり、仕事のメモや日記にも使用できます。

後半は、マス目のページにcheckボックスをつくり、タスク管理もできるページをつくりました。

右側は白ページにしているので、アイデアや自由にメモもとれます。

そして、今までの手帳で好評だった後ろポケットは今回もつけ、名刺などを持ち運べるようなノートブックができあがりました。

年内に販売までしたかったのですが、引越とかいろいろあり年明けになりそうです。

新しい年がきたら、売り出していこうと思いますので、パウダールームの手帳を今後ともよろしくおねがいします。