© POWDER ROOM

酉の市2016


今年は個人的にですが、喪に服している年だったので、 小さくする説もあったりし、どうしようかなーと思いながら赴いたのですが、 このおかめにしめ縄が巻き付いている熊手を見たら、 大きさとか関係なく、もぅこれだ!という感じで、即買い。 喪に服す気分と同調して、あまり飾らない素敵な今年の熊手。 お店のおばあさんも「実はうちらもこれが一番好きなのよ〜」って言ってました。 なんともかわいいしね。 それでも、このしめ縄は、ほどけば3mもある大物。 けして地味ではないのです。 地味にすごい。(なんかのドラマのような、、、)

それにしても、酉の市は粋です。 買い方を伝授しましょう。 ほしい大きさやデザインを決めます。 最初はかなり小さいものからスタートでよいと思います。 それが決まったら値段を聞きます。 そして値引きをするんです。 そして値段が決まったら、なんと! そのまけてくれた分を“ご祝儀”として渡すんです。 結局、元値を払うわけですが、 ご祝儀を払うことで「旦那」気分を味わい、そして、 「パウダールームさんの商売繁盛を願いましてぇ〜、、、よ〜おっっ!」 周りのお客も巻き込んで、3本締めを威勢良くしてもらった日には、 本当に肩から何かが飛んでいった気分になりました。

こういうことも、風習のようなものですが、大切なだなぁと思います。 お金の話ではなく。 生活。 生きて活き活きすること。 そんな感じ。