© POWDER ROOM

ゲゲゲの鬼太郎 5期 がおもしろい。




夏のあいだに、Amazonで『ゲゲゲの鬼太郎』がプライムにあがっていたので、4歳の息子とゲゲゲの歌を一緒に歌いたいなと一緒に見だしたら、、、こんなに面白かったっけ!というくらい面白く私のほうがはまりまくり。調べると第5期と書いてあり、2009年くらいの作品なので、10年前。(今は第6期を放映中)

まず設定が現代になっていて、パソコンでなんでもできる時代だ!とか言ってねずみ男が大都会の高層ビルでスーツで働いてみたり、大家をやっている砂かけババアの買いたい本がリフォーム本だったりと、なんだか時代とリンクしているのも面白いし、鬼太郎の声がコナンの声の人で、なんだかクールで好青年だし、猫娘もラムちゃんみたいでかわいくなってて、鬼太郎に恋心がある設定がまた初々しくて良し。あとはやっぱり目玉のおやじが。。。ちょーかわいい。。。鬼太郎がやられるとすぐ大粒の涙で泣くし、鬼太郎に自転車を買ってあげたくて働きに出る話とか(それも自転車がチラシの値段で17,800円ってリアル)、かわいい我が子は目にいれても痛くないわい。って言うけど、、鬼太郎の目だし。とか。いろいろはまりどころが満載なんです。

内容も現代風刺でなかなか良くて、ゲームばかりやっている子が妖怪に目をつけられて魂をとられる、とか、暴言はいてパワハラしている上司が妖怪に罰を与えられるとか、妖怪が怖いから見逃しがちだけど、なかなか内容も面白い。

それにしても、息子も速攻で「ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲ〜」って歌い出すし、何度も鬼太郎ブームはきてると思うけど、こどもの心をゆるがすチカラは何だろうなー。妖怪って、鬼太郎ってすごいなー。

ちなみに、第5期のあの名曲は、泉谷しげるが歌ってて、クレイジーケンバンドかと思うくらいのソウルファンクに仕上がってて、それまたかっこいい。